ストック合理化

長期費用を削減しながら65%まで保有株式を削減

Elfabは、生産性向上と総支出の削減のお役に立つために、ラプチャーディスクの現行保有株式を標準化しながら、世界中のお客様の支援に15年以上の経験があります。ストック合理化プログラムは、効率化上昇、保有株式削減と購入費改善にとってのニーズを見分ける多くのプロセスプラントにより採用されています。

一般的に、ラプチャーディスク仕様は組織内の異なる部門、または外部請負業者による新しいプロジェクトです。その結果として、同一または非常に類似した仕様が既存の記録やストックにとって参考なしに作成されています。これは、最も効率的な購入部門にとっても管理することが難しい可能性のあるかなり高いインベントリという結果を導くでしょう。

あるいは、ストック変動はプロセス状態にある非常に小規模の差異により時間外労働を増やす可能性があります。これにより、現場でのラプチャーディスクの扶養に大規模な変動を保有するプラントという結果になります。それゆえ、ヒューマンエラーの危険は、ディスク仕様内にある大規模な破壊圧や温度を保有する複雑さ同様に増えます。

シンプルな実地調査実施により、Elfabはラプチャーディスク変動全てを資料化してストックがどのように合理化可能か推奨するのにお役に立つことができます。多くの場合、このインベントリは総長期支出を著しく三軒しながら65%まで削減可能です。

ストック合理化プログラムはどのように働くのか ?

Elfabは、世界中のグローバル製造業者や優良企業株式保有機関にストック合理化プログラムを提供しております。プログラムはラプチャーディスクの小規模変動が適用されるか必要とされるかを確認するために、プロセス状況にある差異や現場におけるラプチャーディスクの量を完全実地調査実施により実行します。業界トップOpti-Gard™ラプチャーディスクはElfabの最新デザインであり、稼働率97%と組み合わせた許容値3%を提供しています。Opti-Gardは合理化と安定性を向上させる目的で必要とされるプロセス状況の範囲にわたりシングルディスクソリューションの役割を果たしています。また、このディスクは追加サポートなく完全回収を持ちこたえる付随能力を備え、追加サポートを必要とする旧式ディスクの再注文の必要性を削りながらさらにコスト削減をします。

プロセスプラントはサプライヤーの要求に見合うために、よりコマーシャルプレッシャー下にあります。可能な限りコストを削減することは、日々の組織運営においてさらに重要な部分となってきています。Elfabは顧客への継続的サポートと支出削減および資料標準化の方法についての推薦を添えて効率的な現地調査分析を提供します。

伝統的なラプチャーディスクから、新しいテクノロジーとともに

あるプラントにとって、現在不要な大規模な現場ラプチャーディスクにより問題が起こっています。Elfab業界トップOpti-Gard™へのアップグレードにより、顧客はラプチャーディスク変動を65%まで削減し顕著なコストと保有株式を削減する可能性を持ちます。

現場ラプチャーディスクの量を削減することは、本来の場所で最高の安全性とより早いインストレーションプロセスを与え、全体の生産ダウンタイムを削減しながら、組織は最小限の保有株式、最先端テクノロジー能力を介してコスト削減から恩恵を受けることが可能であることを意味します。

合理化の利点

• 株式レベルの向上&コントロール
• コストと変動削減
• 最新テクノロジー進歩
• スペア保有の削減
• 調達手順プログラム
• 技術トレーニング&メンテナンスプログラム
• 更なるインストレーションを含む、破壊圧力と資料標準化
• 無駄と陳腐化削減
• 交換サイクルと調達費用の削減
• 総支出の削減