作動圧力

先端的な製造方法により、 Elfab社は、圧力開放業界全体で見られるものと異なる作動圧力手順を実施することができます。実際、当社は、このサービスを通じて以下の主要な長所を提供することができます。

•   全製品の製造がゼロ製造設計範囲 (MDR) に。このサービスは、追加料金なしで提供されます。

•   5%でなく3%の 業界標準性能許容誤差より優れていることの保証。

これらの利点は、どのようにユーザーを支援するでしょう?ラプチャーディスクに対して、同じ設定圧力を使用して、工程をより高い圧力にすることができます。これによって、工程時間の短縮および安全マージンの切り詰めに加えて、あなたの在庫保有目録の合理化の可能性がもたらされます。

この作動圧力手順の全体は、100 psig (ポンド/平方インチゲージ圧) のラプチャーディスクの発注に基づいて、以下の例で最も良く説明できます。以下の表は、その時供給されたもののうちの典型的なパラメーターを提示しています。

ElfabZero MDR35% MDR10% MDR
Lowest possible marked burst pressure (psig1) 1001009590
Burst pressure tolerance +/-2%3%5%5%5%
Minimum burst pressure (psig)97959085
Operating ratio 4%92909090
Maximum working pressure (psig)929085.581

 

100 psigラプチャーディスクの表示された破裂は、2つの方法のうちのどちらかで提示されます。ゼロ製造設計範囲であれば、表示された破裂は、発注された破裂と同じです。あるいは、10%製造設計範囲であれば、表示された破裂は、この限界の間にあるはずの実際の試験の破裂の平均になります。これは、以下のポイントを通じて実地説明されます。

•    発注された破裂圧力 = 100 psig +/- 5% @ 68°F. ゼロM.D.R.付き

•   ディスクタグに表示された破裂 = 100 psig +/- 5% @ 68°F.

•    発注された破裂圧力 = 100 psig +/- 5% @ 68°F. 10% M.D.R.付き

•   実際の試験の破裂の平均 = 90 psig 表示された破裂 = 90 psig +/- 5% @ 68°F.

 

 

破裂圧力の許容誤差は、ディスクの破裂圧力の限界であり、通常、正または負のパーセンテージで示されます。

製造設計範囲は — 通常、ゼロ、マイナス5パーセントまたはマイナス10パーセントで表される —の範囲で、要求された破裂圧力に適用されます。実施された試験破裂の平均は、この範囲内にある必要があります。

操業比率とは、ラプチャーディスクの使用中に掛かる筈の最大推奨圧力のことです。この数字を超えると、ラプチャーデスクは、疲労して寿命を縮めます。数字はマークが付けれられた破裂のパーセンテージで提示されます。