News & Events

Home > News & Events > 新ワイヤレス破...
Back to News & Events
14 Oct 2008

新ワイヤレス破壊検出システム

健康、安全および環境問題が現在のプロセス設備でますます明らかになってきているのに、企業の破壊検出システムの採用を妨げているものは一体何なのでしょう?

– どのようにしてワイヤレス技術が従来の問題を解決するか

Introduction
この 50 年間、リスクおよび危険管理システムとその使用でその完全な解決をみてきました。 1970 年代に英国の化学業界が危険と運用調査に乗り出してからプロセスプラントにおける「安全な文化」の採用に警鐘を鳴らしてきました。 ですから安全に関する問題はこれらのプラントを運営する際に非常に重要なものであると大きな関心を呼んできました。 プロセスプラントに多大な投資をしてそれらのアプリケーションが限られたリスクのもとに運転されることを確認し、多くの OH&S を追加することで会社が危険を認識していながら雇用者がその手段を講じなかったばかりにその責任を問われることを防ぐことができます。破壊検出システムを圧力開放装置を購入する際に導入しなかったりすると後で問題になる場合があります。

圧力開放検出システムは非常に簡単で実践的かつ信頼にたる方法でプロセスで重大な問題が発生することを警告します。 環境問題に照らして現在の世界を見回してみた場合、健康と安全の問題および高額なダウンタイム費用を考慮した場合、信頼のおけるセンサーや検出システムを適宜備えて必要に応じてリスクを警告することが重要です。

 

現代のプロセスプラントにおける破壊ディスクと関連の検出システムの関連性
優れた耐腐食性能による、漏れ対策およりメンテナンス不要設計 破壊ディスク は他の圧力開放デバイスに比べて費用耐効果に優れたものであることが明らかになってきています。 現代のプロセスプラントでは圧力開放バルブなどがゼロ放出やプラントの安全目標に重大な脅威をもたらしているため「安全な文化」を実現するためにたゆまぬ努力を続けています。

プロセスプラントの環境への配慮および安全に関する考えがますます重大になってきている今日、破壊検出システムの導入がコスト的に安いということは驚きに値します。 プラント制御システムを導入して要員不足によりリモートでディスクの破裂が判明した場合、重大な環境や安全に関する問題に直面し、特に現代のプラントにおいては非常に高コストのダウンタイムを招くことになります。 信頼性の低い従来の検出システムを時間のかかる高コストの配線で運用している場合、それらのマイナス面によってメリットがなくなる場合があります。 しかし、非常に強固で高信頼のワイヤレスシステムをフェールセーフの検出機器と一緒に導入することで、これらの従来のシステムのマイナス面を速やかに解消することができます。

破壊ディスクの採用が業界で進まないのはなぜでしょう?
業界では wireless technology この 5-10 年間に、他の従来のセンサーとは異なり、ワイヤレスオプションは長足の進歩を遂げ、非侵襲センサーを使用した破壊ディスクの継続的なモニタリングが可能になりました。 取付費用の安さ、簡単で高信頼の継続的なモニタリングによって多くのメリットがもたらされ、今後の技術の進展によってそれがさらに加速します。

従来の 破壊検出システムs は多くのデメリットがあるためそのような技術の採用がプロセス業界で予想に反して大幅に遅れています。 , などの従来の破壊検出システムの多くは、ブレーキワイヤや気圧スイッチがプロセスに対して侵襲性であるため、繰り返し使用することによって損傷する場合があります。 最近では非侵襲性の破壊 検出システム (磁界感知による) が従来の検出システムの多くの問題を解決しているとはいえ、その採用は予想に反してかなり遅れています。 現在の磁石やリードスイッチセンサーは一度の取り付けで十分なのだが、その採用を遅らせている理由は多くの人がまだ配線の導入費用が高いと考えているからです。 そのようなシステムの配線には数日かかりその費用は 1 フィートで £25 から £40 (爆発試験または本質的に安全な配線のほぼ 4 倍) かかるのだが、プロセスプラントではそのようなシステムのデメリットがまだメリットより多いと考えているようです。

現在のワイヤレスシステムは従来の配線に代わって無線を使用し、これにより従来のシステムが抱えていた業界の問題を最先端の磁石とリードスイッチ検出器で一掃しました。

 

ワイヤレスによる問題の克服
ワイヤレスシステムが従来のセンサーが抱える問題を解決して多くのメリットがあるのに、なぜ現在のプロセスプラントはこの技術を採用しないのでしょうか。

現在のプロセスプラントや業界では未だにワイヤレスシステムは非現実的で、バッテリー寿命が短く、一体化による多くの問題を引き起こし、非常に高い投資になると考えているため、サプライヤがお客様を説得してワイヤレスモニタリングシステムのメリットを理解させるまでに至っていなのが現状です

ワイヤレス技術はプロセス環境では比較的新しい考えであるため、ユーザーにとってはこの新しい技術を導入することは大きな挑戦で、まだ新しい技術を採用する準備が整っておらずワイヤレスシステムの信頼性に疑問を抱いているように思われます。 化学、製薬、オイルやガスなどの業界特有の条件により、エンドユーザーの信頼性への懸念は他の業界よりかなり深刻であるものと思われます。 ほとんどのアナリストによるとプロセス業界ではワイヤレスセンサーネットワークの大規模な導入にはまだ慎重で、それは単に信頼性の問題ばかりではなく業界全体の標準の欠如によるとのことです。 ワイヤレス技術の改善により多くの従来の方法と同等にセキュアなワイヤレスシステムの適切な導入でこれらの懸念を一部払拭しつつあり、ウェブベースのソフトウェアを使用したモニタリングの追加で多くのワイヤレスシステムが完結します。 爆発環境で現在市場で利用できる最新のワイヤレス破裂検出システムはそのような懸念が時代遅れであることを示す厳格な品質基準を満たしています。 ワイヤレス技術の進展によってそのようなシステムを圧力開放デバイスのプロセスモニタリングに使用した場合、現在はフェールセーフで信頼できるものとなってきています。それはワイヤレスモニタリング技術が破裂ディスクの運転を無線周波信号が失われた状態で使用しも影響を与えないで、その技術によるメリットがそれらの懸念を上回っているからです。

現在のワイヤレスシステムのバッテリー寿命 2 ~ 5 年によりメンテナンスのスケジュールが大幅に長くなってきています。 有線システムまたは検出システムを使用していないプラントに比べ、ワイヤレスセンサーでは定期検査が少なくて済み、このプロセスに関する多くの費用を削減できます。

有線システムに比べてワイヤレスシステムのメリットは多くあり、その最も顕著なメリットは導入費用です。 導入費用にはばらつきがあるが、有線システムをサポートするインフラ費用はもとより導入費用およびセットアップ費用などの総費用は検出費用そのものよりかなり安くて済みます。 ワイヤレスシステムの場合、その導入費用が安いばかりではなく、その導入およびその後の拡張が簡単で、配線費用を削減することでその導入費用を 90% 削減できます。 さらに、ワイヤレスの場合はその導入が簡単でメンテナンスが少なく、腐食による通信回線の切断や回線の焼け焦げ、短絡または掘り返される心配もありません。

ワイヤレス技術のメリットはワイヤレスデバイスを使用することであり、ユーザーがワイヤレスの採用に至るまでのその決断を促すには、ワイヤレスの統合による問題を払拭し、ワイヤレスの信号が他のワイヤレスシステムの影響を受けないまたは信号が完全に失われることがないことをユーザーに十分に理解させる必要があります。 現在のワイヤレスシステムで使用する周波数は独自のもので設定したデータメッセージを使用するので、干渉に関する問題を心配する必要はありません。 製造業者がシステムを設計する際はエンドユーザーを念頭に設計するので、無線周波数のブースターを準備してワイヤレス技術が過酷な運転環境でも支障なく機能することを確認する必要があります。

プロセス業界のお客様はそのプロセスの透明性とディスクが破裂した場合の迅速な結果を期待しています。 ワイヤレスモニタリングシステムを使用することで破壊ディスクの表示が 2 秒以内に出るので、これらのプラントでワイヤレスシステムを導入する多くのメリットがあります。 現在ワイヤレスシステムが市場で容易に利用できるようになるにつれ、H&S 規制がさらに厳しくなってきえているためワイヤレスシステムを使用することを強くお勧めします。

 

結論
多くの業界のレポートではワイヤレスデバイスと機器の市場が業界の標準を満たした製品の市場投入により今後 4 年間で大幅に拡大するため、統合における問題やバッテリー寿命に関す懸念の払拭だけでもワイヤレスシステムを採用するメリットが有線システムを十分に上回ると伝えています。 多くのワイヤレスシステムがそのモニタリングやウェブベースのソフトウェアまたは SMS アラートを備えているため、お客様のニーズを満たす多くのソリューションが現在存在し今後ますますワイヤレスシステムのメリットのみが増えていくものと思われます。 ワイヤレスモニタリングプロセスの導入の主な要因はその大幅な導入コストの削減にあるが、最初のステップでは単にデメリットをなくすことのみプロセス業界に対してワイヤレス技術をできるだけ多く使用するよう促進することです。 高信頼の強固な検出システムを既存のプラントインフラに簡単に統合できるので、ワイヤレスシステムを使用することでユーザーは環境基準に準拠し、常々話されている「安全文化」に近づく大きなステップを踏み出すことができます。

ワイヤレスシステムを導入する前に、ワイヤレスシステムを導入するサイトを調査して無線通信に問題がないことまたはワイヤレスシステムを導入するサイトについてよく理解する必要があります。 破壊ディスクや関連の検出システムにおける世界のリーディング企業の 1 社として Elfab では積極的に業界をリードしてワイヤレスモニタリングシステムの採用を推進してまいります。 その Radio-Tel システムによって多くの業界の懸念を払拭することにより、Elfab では強固で簡単に拡張可能な ATEX 認証システムによってプロセスモニタリングをプラントおよび世界規模で改善していきます。

新しいニュース記事を Halma PR ニュースブログで読む