News & Events

Home > News & Events > Elfab の Schmidt Pre...
Back to News & Events
30 Jun 2009

Elfab の Schmidt Presses による納期の短縮

ヨーロッパの破壊ディスクのリーディングメーカーである Elfab は、SCHMIDT Technology の一連の液気圧併用またはサーボプレスを使用して業界最短の納期を提供しています。最新の SCHMIDT プレス機を使用することで Elfab では重要な用途に使用する精巧に加工されたディスクの精度、再現性を向上させることができ、さらに材料厚 50 ミクロン以下またはちょうど 3% 公差で生産できます。

破壊ディクスは業界全体で破壊管理の重要な箇所で様々な圧力や真空状態で使用されています。これらは 軍用機の空中酸素システムから 医療用スキャナーの冷却装置、サイロやバケットエレベーターの爆発防止装置やスイッチギアのガス絶縁装置、電力業界のサーキットブレーカーに至るまで広範囲に使用されています。

Elfab では多種多様な破壊ディスクをニューチャッスルの本社で設計、製造および試験しています。そこでは会社のシニアプロセスエンジニア Graeme Melrose が次のように述べています。”「当社の製品は一般的に重要なプロセスや安全が重要なアプリケーションで使用されており、そこではメカニズムは正確な管理された手順で故障するように加工されています。当社では引張り型や反転型破壊ディスクを、ステンレススチールや特別合金、およびたった 5mm から 900mm の直径の製品を製造しています。これらの設計は、例えば、タンクやパイプであったり、圧力容器などで、この場合破裂圧の極端に正確な管理、一般的には最大で 90% または 95% の定格破裂圧が求められます。”

Elfab のドーム状引張り型および反転型ディスクにはそれぞれスコア線が入っています。これは各ディスクのドームのベース周りのほぼ全体にスコア線が入っており、ヒンジの役割をする小さな部分のみスコアがありません。スコア線はディスクが事前に設定した設定圧力で正確に破裂するように加工した弱い部分になります。ですから、この部分は極端に正確な公差 (許容差) が必要になります。

Graeme Melrose が言うには、”The SCHMIDT プレスシステムを用いて、特別に開発したツールを使用して各破裂ディスクのスコア線を引きます。そこでは側面のバーでディスクを所定の場所に固定し、円形のブレードでスコア線を引きます。ツールそのものは比較的に簡単な構造ですが、加工の品質とスコア工程で実施する管理レベルに基づいてそれが使用できるかどうかが決まり、想定した破裂圧力を得るための正確な深さが形成されていることを確認します。”

Elfab では SCHMIDT プレス技術を数年使用していますが、最初に液気圧併用機を導入し、最近では最新の最先端のコンピュータ制御のサーボプレスを注文しました。”これらによってセットアップ時間を短縮して、精度、再現性を向上させさらに追跡性能を高めます;当社は極端に精度の高い 50 ミクロ以下の壁厚のディスクが必要な市場に参入するためこれは特に非常に重要です。そこではスコアの深さの管理をプラスマイナス 3%” 以内に抑える必要があります。

プレスの性能と品質が、しかし、Elfab が英国で SCHMIDT 技術を選択する唯一の理由です。”In addition”、と Graeme Melrose が述べています。”SCHMIDT は圧倒的に優れたカスタマーサポートと柔軟性を提供しています。例えば、当社が購入を決定する前に、彼らは彼らのサポートセンターで当社のツールを使用した試験をさせてくれ、それ以来継続的に技術的な助言やエンジニアリングサポートを提供してくれ、各生産現場での生産性の向上を支援したり、当社の多種多様な破壊ディスクの品質と信頼性向上に協力してくれています。”